從第一屆至去年的第七屆為止,連續七年都維持在神七的成員就只有一人,AKB48的渡辺麻友。不只是神七,還連續七年都前五名,真可說是「神跡」。這位為了AKB48選拔總選舉而誕生的孩子,自2014年第六屆以來,誓言再度奪回事隔二年的第一名。

  黃金週連日的握手會尾聲,渡辺麻友於六日在推特上寫了如下的宣言,「就是今年,奪回第一名!重返后座!千萬不能大意,一起衝刺到最後,加油!!」從粉絲們一個個對於總選舉的熱情加油聲中,可說是完全取回了幹勁。

  其實,對於是否要參選也曾感到迷惘。身為前年的女王,於去年也獲得了自己過去的最高票數16萬票,但仍與寫下記錄的第一名指原莉乃,有了約三萬票的差距。也有著「根本是不同次元的票數,不想再參加總選了」這樣放棄的想法。一來到了參選受理的三月下旬,「真的很討厭,每晚都煩到不能好好睡」確認參選也是趕在最後一刻。

  「不過,在政見與選舉海報拍攝的準備開始後,很自然地就進入了狀況」。去年的總選期間,正在拍攝並撥出首次主演的黃金時段連續劇「戰鬥吧!書店女子」,沒有辦法專心於總選舉。「今年要連同去年的份,甚至更加投入於其中」。當初雖保守地說「以比去年的第三名更高名次為目標」的話,但一天天的過去後,心中真正的想法也不斷湧現出來。

  「帶有王道偶像再次綻放的含意,所以於服裝上裝飾著花朵。自己的特色,果然還是這點。想要以重返原點來決勝負。」打倒指原最有希望的人選,果然還是渡辺麻友。


悩んで出馬も「スイッチ入りました」
渡辺麻友 22歳 AKB48チームB

第1回からの昨年の第7回まで、7年間も神セブンであり続けているメンバーがたった一人だけいる。AKB48渡辺麻友(22)。神セブンどころか7年連続で トップ5という、これぞ本当の”神ワザ”だ。そんなAKB48選抜総選挙の申し子が、14年の第6回以来、2年ぶりの1位奪還を誓った。

毎晩うなされた
ゴー ルデンウィークに連日の握手会を終えた渡辺麻友が6日に、ツイッターで「今年こそ、1位奪還!返り咲き!油断せずに、最後まで駆け抜けていきましょう。頑 張るぞー!!」と宣言した。1人1人のファンから総選挙への熱い応援の言葉をかけられ、完全に情熱を取り戻した証だった。

実は、出馬も 迷っていた。前年女王をして迎えた昨年。過去最高獲得票の16万票を獲得も、1位の指原莉乃が約3万票差の19万票超えを記録し、「次元の違う票数に、も う総選挙はいいや」と、諦めの思いにもなったという。いざ、3月下旬の立候補受付期間を迎えても「すごく嫌で毎晩うなされていました」。立候補は、最終日 の締め切り時間ぎりぎりだった。

「ただ、アピールコメントやポスター撮影と準備が始まると、自然とスイッチが入ってきました」。昨年は総 選挙期間中に、初のゴールデン帯の連続ドラマ初主演作「戦う!書店ガール」の撮影と放送があり、総選挙に集中できなかった。「去年の分も今年は、さらに力 を入れて臨みます」。当初は「去年の3位よりは上を目指します」と控えめだったが、日に日に本音が胸の奥から湧いて出てきた。

「王道アイドル返り咲きの意味を込めて衣装に花をあしらってもらいました。自分の持ち味は、やっぱりそこ。原点に戻って勝負します」。打倒指原の1番手はやはり渡辺麻友だ。
【瀬津真也】


 


創作者介紹

まゆゆのために~ 渡邊麻友 台灣發信會

mihaww 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()